ちいき新聞の裏側公開!
会社独自のノベルティを作ろう。

 

どこの会社にも独自の社内制度やユニークな取り組みがありますよね。

 

今回は地域新聞社が独自に作成しているノベルティについてご紹介します。

 

【目次】
1.ノベルティを活用した販促活動
2.地域新聞社のノベルティ活用方法
3.ノベルティ作成時にちょっと使えるアイデア
4.まとめ

ノベルティを活用した販促活動

ノベルティとは、企業のイメージアップや認知度向上などを目的として、無料配布される記念品のことです。社名や商品の名前、キャラクターを使用することで、自社を宣伝することができます。

 

皆さんに最も身近なノベルティと言えば、街中で配られるポケットティッシュではないでしょうか。あると嬉しいポケットティッシュは、値引クーポンや無料体験のチケットが入っていることもあるので、ついつい貰ってしまいますよね。

 

こういったノベルティには、必ず会社名が入っているため、刷り込み効果が期待できます。繰り返し見ることで、何かを購入する際に思い出してもらうきっかけとなります。

 

しかし、ただ配れば良いというわけでもありません。満足のいく刷り込み効果を得るためには、需要度の高いノベルティをつくる必要があります。活用頻度の低いものや利用シーンが限られるものは、高い効果は見込めません。

 

地域新聞社のノベルティ活用方法

地域新聞社のノベルティ活用方法についてご紹介します。弊社も年に2~3種類のノベルティを作成し、お客様にお渡ししています。

 

ノベルティを作成する際に気をつけていることは、「利用頻度の高いものにする」ということです。

 

最近では年末に、カレンダーを作成をしました。利用頻度が高く、しかも1年間使用されるものなので、高い刷り込み効果が期待できます。

 

また、新年の挨拶としてお年賀ノベルティも作成しました。これは、お客様の商売繁盛を祈願したノベルティで、「ご縁があるように」と五円玉が入っています。

 

この五円玉は、鎌倉市にある銭洗弁財天宇賀福神社や成田市にある成田山新勝寺で祈祷してもらったもので、「金運上昇」のご利益があるといわれています。

 

このノベルティは刷り込み効果が目的ではなく、企業理念である「人の役に立つ」の実践であり、企業理念のPRに近いものです。企業の特徴を持たせることで、よりノベルティとしての効果を発揮します。

 

 

 

ノベルティはやみくもに作成すればいいというものではなく、目的によって商品を変える必要があります。また、商品によっては費用が変動することもあります。目的に応じてタイミング良く費用投資をしていきましょう。

 

ノベルティ作成時にちょっと使えるアイデア

できればオリジナルのノベルティを作りたいところですが、予算の問題もありますよね。

 

そんな時は、既製品のノベルティに手を加えることで、オリジナル感を出してみてはいかがでしょうか。

 

ちいき新聞のカレンダーは、既製品のノベルティに社名を入れたり、ちいき新聞の発行スケジュールや折込チラシの価格表を載せたり、弊社のキャラクター「ちいきくん」を登場させたりしたものです。

 

ちょっとしたことにこだわることで、企業のイメージを伝えることができ、お客様の印象にも残りやすくなるでしょう。また、お客様との関係構築の手段としても活用でき、日頃お世話になっているお客様への感謝の気持ちを伝える役割も果たしてくれます。

 

まとめ

ノベルティを作成するにあたって大切なことは、目的に合わせた商品を考えることです。

 

例えば…

 

刷り込み効果⇒利用頻度の高いもの
(例)カレンダーやボールペンなど

 

多くの人にPRがしたい⇒比較的コストの安いもの
(例)ポケットティッシュなど

 

企業PRや企業理念の浸透⇒捨てられる可能性の低いものや理念にあったもの
(例)マグネットやお年賀(五円玉)

 

上記は一例です。
目的とコストを考えて商品選びをするようにしましょう。

 

続きを読む
続きを読む
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
セミナー開催情報
【初心者向け】リピーターを増やす!
ニュースレター作成セミナー
日程:2017年8月22日(火)
時間:15時~17時
定員:15名
リピート集客のキモであるニュースレターの重要性と効果を事例をもとに紹介し、実際に簡単なニュースレター作成まで行うワーク型セミナーです。
  • お店のポジショニングを確かめて、売上競争を勝ち抜こう
    ポジショニングとは、店のサービスがお客様に「どういう時に使えるものと思われているか」ということ。それが売れる内容なのかどうかを確認することが、周辺の店舗やサービスとの競争で優位に立つために重要な要素です。毎月とは言いませんが、年に2~4回は、自社のポジショニング戦略を行い、サービスの改善につなげてみてはいかがでしょうか。
  • 売上をあげるための顧客リストを育てよう
    顧客リストについて、有名なエピソードを2つご紹介します。 最初は江戸時代のある呉服屋の話。その呉服屋は火事になった時、火の粉が迫り来る中、まず顧客台帳(顧客リスト)を井戸に投げ込んでから逃げました。そして火事が収まった後、顧客台帳を井戸から引き上げ、それを基にして商売を再開したのです。 また、アンドリュー・カーネギー(米国実業家、鉄鋼王。1919年没)は、「私の全ての財産を持っていってもかまわない。ただし、顧客リストだけは残しておいてくれ。そうすれば、私はすぐに今の財産を築いてみせる」という言葉を残しています。 この2つのエピソードは、顧客リストがあれば、事業がどのような状況に陥っても再起を図ることができるということを示唆しています。 他にも、“顧客リストは、あなたの貴重な財産で、育てるべきである”という言葉もあります。顧客リストを育てることができれば、好調な時でもさらなる売上をあげられるということだと思います。 しかし事業経営において、顧客リストを重要なアイテムだときちんと認識して、作成・管理・活用している会社は、意外と少ないのではないでしょうか?
  • 『エスキモーに氷を売る』
    マーケティングとは何…
    マーケティング的には、著者が述べている考え方に目新しいものはありませんが、営業についての考え方は、今の時代にも十分通じる内容です。 物を売ることを生業としている人達にとっての“基本中の基本”、まさに営業、マーケティングの原理原則が述べられています。
  • 開店準備に必要なもの(飲食店編)
    飲食店で働いている方、目指している方の多くが、 そんな目標を持っています。 そのために料理の修業をしたり、サービスを学んだり。 では、いつ・どのくらいのレベルになったら、独立できるのでしょうか? 皆が「将来は」「いつかは」と思っていても、実際に独立する人はそう多くはありません。 一番重要なのは、「開業する」ということを決めること。 つまり「覚悟」です。 いったん覚悟を決めれば、同じ情報でも、違った見方ができるようになります。
  • ビジネス交流会に効果的に参加するには?
    ビジネスを発展させるうえで、人脈を広げるチャンスとなるビジネス交流会に参加することは、有効な営業手段の1つです。しかしながら、何の目的もなしに参加するだけではほとんど意味がなく、貴重な時間と参加費用の無駄遣いとなってしまいます。まずは参加する目的を明確にし、自身の目的に合った方と知り合える交流会を選びましょう。
PAGE TOP