経営者の事業承継を考える

最近の経営者同士のもっぱらの話題は、相続と事業承継です。

 

不動産や保険関係の方などが、さまざまなセミナーや勉強会を開催しています。

そして、一度話を聞くと「うちもそろそろ真剣に考えなければならないな」と思うのです。

【目次】
1.いろいろな決断が必要
2.経営者が交代する場面とは?
3.まとめ

いろいろな決断が必要

一口に「事業継承」といっても、事業、資産やそれにまつわる税金の事など、いろいろな事を決断していく必要があります。

 

皆様は今、弁護士や司法書士など、信頼できる士業の方々にアドバイスしてもらえる環境が整っていますか?

 

スムーズに事業継承を行うためには、事前に準備しておかなければならないことがいろいろとあります。

「誰に何を聞いたらいいか分からない」という方もいると思います。

 

信頼できるパートナー探しなど、今から少しずつでも、準備を始めましょう。

 

経営者が交代する場面とは?

経営者が交代する場面はいくつかあります。

 

1.定年など、計画的なタイミングでの交代
定年などで交代する場合、事前にきちんと計画を立てて進めることができます。
いつバトンタッチをするか、誰を後継者にするか、経営者以外の人事はどうするかなどの準備をしておきましょう。

 

2.病気や事故による死亡など、予期せぬタイミングでの交代
私共夫婦はこのケースでした。
ある日突然、義父に呼ばれて病気を告げられ、あっと言う間にその日を迎え、様々な問題に直面させられる事になりました。

 

会社の規模にもよりますが、特に個人事業主や家族経営などの場合は、本人にしか分からない、知らないという事項が多いので、平素から話し合っておく必要があります。

 

3.企業合併(M&A)
事業を交代しないで売却する。
会社の規模にもよりますが、一案として考えておく必要があります。

 

最近は、承継者がいない事によるM&A 案件もたくさんあります。
会社によって、丸ごと売却するのか、事業の一部を売却するのかなど、いろいろでしょう。

 

まとめ

事業承継にも様々なケースがあります。

「まだ先の話」と思っている方もいるかもしれませんが、相続など含め、話し合いは早く始めるに越した事はありません。

 

相続や事業承継は、時には解決まで10年がかりになる事もあります。人の一生に何が起こるかは分かりません。

残された家族、従業員を路頭に迷わせないためにも、早めの行動を心がけましょう。

 

The following two tabs change content below.
金平真由美
協栄ボクシンググループ 株式会社プロスタッフ・協栄 代表取締役。大手スポーツクラブで「誰でも簡単にできるシェイプボクシング」を年間8000本実施。
金平真由美

金平真由美の最新記事 (記事一覧を見る)

続きを読む
続きを読む
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
セミナー開催情報
【初心者向け】リピーターを増やす!
ニュースレター作成セミナー
日程:2017年8月22日(火)
時間:15時~17時
定員:15名
リピート集客のキモであるニュースレターの重要性と効果を事例をもとに紹介し、実際に簡単なニュースレター作成まで行うワーク型セミナーです。
  • 『エスキモーに氷を売る』
    マーケティングとは何…
    マーケティング的には、著者が述べている考え方に目新しいものはありませんが、営業についての考え方は、今の時代にも十分通じる内容です。 物を売ることを生業としている人達にとっての“基本中の基本”、まさに営業、マーケティングの原理原則が述べられています。
  • お店のポジショニングを確かめて、売上競争を勝ち抜こう
    ポジショニングとは、店のサービスがお客様に「どういう時に使えるものと思われているか」ということ。それが売れる内容なのかどうかを確認することが、周辺の店舗やサービスとの競争で優位に立つために重要な要素です。毎月とは言いませんが、年に2~4回は、自社のポジショニング戦略を行い、サービスの改善につなげてみてはいかがでしょうか。
  • 地域新聞社の裏側を公開 ~自己紹介型の名刺について~
    どこの会社にも独自の社内制度やユニークな取り組みがありますよね。今回は地域新聞社が取り入れている自己紹介型の名刺についてご紹介します。名刺を上手く活用して、しっかりと企業アピールや自己PRを行いましょう。
  • DMの基本~実施後の効果分析編~
    今まで実施したダイレクトメールの効果を、皆さんは把握していますか?「だいだいこのくらいの反応があったな」と感覚値で把握しているだけ、という方はいらっしゃいませんか。 今回は、ダイレクトメールの効果分析の方法についてご説明します。 実施後に効果分析を行うことで、ダイレクトメールの費用対効果について知ることができます。反響の良かったダイレクトメールはどこが良かったのか。悪かったダイレクトメールはどこを改善すれば良いのか。あらためて内容やクリエイティブを見直す機会にもなりますので、効果分析は必ず行いましょう。
  • ちいき新聞のユニークな社内制度
    ありがとうカ…
    社内でのコミュニケーション手段のひとつとしてありがとうカードを取り入れませんか?
PAGE TOP