他社との差別化を図るには

差別化とはライバルがまねのできない優れた面を持つことであり、これによりライバルとの競争を優位に展開することができます。

 

ライバルとの競争に打ち勝って自社を選んでもらうためには、自社ならではの「強み」を明確にして、差別化を図ることが重要です。

 

差別化の成功は、商品・サービスが市場で成功するための近道となります。

【目次】
1.ライバルの多い業界で勝ち残るためには
2.USPの成功例
3.まとめ

ライバルの多い業界で勝ち残るためには

競争が激しいといわれる業界はいくつかあります。

 

美容室、コンビニ、エステ、そして最近メディアでよく取り上げられていますが、今やコンビニの数よりも多い歯科医院、そして資格保有者の増加で供給過剰気味の弁護士・税理士・行政書士等の士業が挙げられます。

 

飲食業界は開店から5年以上生き残れるのは10%台ともいわれています。

 

このような業界はもちろんのこと、ほぼどのような業界でも、多くのライバルたちと戦わなくてはならない環境にさらされています。

 

ライバルとの差別化を図るには、「USP」を持つことが重要だと言われています。

USPとはユニーク・セリング・プロポジションの略。

マーケティング的にいうと、「自社独自の強み・ウリ」という意味です。

 

USPの成功例

USPの有名な成功例として、次のようなものがあります。

 

• ドミノピザ「30分以内にお届けできなければ、お代は要りません」
• セブンイレブン「開いててよかった!セブンイレブンいい気分!」
• ダイソン「吸引力の変わらない、ただひとつの掃除機」

 

このように、際立ったUSPは、ライバルとの差別化を可能にします。

 

ライバルが多い業界にいて、どうすれば他社との差別化が図れるのか、どうすれば競合他社に打ち勝ちお客様に振り向いてもらえるのか…。

 

その答えがUSPです。

効果的なUSPをつくることによって、ライバルより一歩抜き出る存在になることができます。

 

まとめ

◆ライバルとの競争に打ち勝つには「差別化」を図らなくてはなりません。

 

◆特に美容室、コンビニ、エステ、歯科医院、弁護士・税理士・行政書士等の士業は競争が激しく、自社ならではの「強み」を明確にする必要があります。

 

◆差別化を図るには「USP」を持つことが重要です。USPとは、マーケティング的にいうと、「自社独自の強み・ウリ」という意味です。

The following two tabs change content below.
金村勇秀
株式会社ベストエフォートマーケティング 代表取締役。 東京理科大学大学院卒業後、外資系企業にてマーケティング職、国内・海外営業職に従事。2011年4月に株式会社ベストエフォートマーケティング代表取締役就任。

続きを読む
続きを読む
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
セミナー開催情報
【初心者向け】リピーターを増やす!
ニュースレター作成セミナー
日程:2017年8月22日(火)
時間:15時~17時
定員:15名
リピート集客のキモであるニュースレターの重要性と効果を事例をもとに紹介し、実際に簡単なニュースレター作成まで行うワーク型セミナーです。
  • 業界シェアNo.1のブランドをつくるには
    ブランドとは何か? 改めてそう問われてみたとき、あなたは即答できますか。 多くの会社がブランドを構築するために、ブランディングに励んでいます。
  • ビジネス交流会に効果的に参加するには?
    ビジネスを発展させるうえで、人脈を広げるチャンスとなるビジネス交流会に参加することは、有効な営業手段の1つです。しかしながら、何の目的もなしに参加するだけではほとんど意味がなく、貴重な時間と参加費用の無駄遣いとなってしまいます。まずは参加する目的を明確にし、自身の目的に合った方と知り合える交流会を選びましょう。
  • 開店準備に必要なもの(飲食店編)
    飲食店で働いている方、目指している方の多くが、 そんな目標を持っています。 そのために料理の修業をしたり、サービスを学んだり。 では、いつ・どのくらいのレベルになったら、独立できるのでしょうか? 皆が「将来は」「いつかは」と思っていても、実際に独立する人はそう多くはありません。 一番重要なのは、「開業する」ということを決めること。 つまり「覚悟」です。 いったん覚悟を決めれば、同じ情報でも、違った見方ができるようになります。
  • 地域商売とドラッカーの知恵
    店舗でご商売をされている方は、地元密着の経営をされている方がほとんどだと思います。 大企業の社長や幹部が愛読していそうなドラッカーの経営論なんて「自分たちには関係ない」とお思いかもしれません。
  • 売上をあげるための顧客リストを育てよう
    顧客リストについて、有名なエピソードを2つご紹介します。 最初は江戸時代のある呉服屋の話。その呉服屋は火事になった時、火の粉が迫り来る中、まず顧客台帳(顧客リスト)を井戸に投げ込んでから逃げました。そして火事が収まった後、顧客台帳を井戸から引き上げ、それを基にして商売を再開したのです。 また、アンドリュー・カーネギー(米国実業家、鉄鋼王。1919年没)は、「私の全ての財産を持っていってもかまわない。ただし、顧客リストだけは残しておいてくれ。そうすれば、私はすぐに今の財産を築いてみせる」という言葉を残しています。 この2つのエピソードは、顧客リストがあれば、事業がどのような状況に陥っても再起を図ることができるということを示唆しています。 他にも、“顧客リストは、あなたの貴重な財産で、育てるべきである”という言葉もあります。顧客リストを育てることができれば、好調な時でもさらなる売上をあげられるということだと思います。 しかし事業経営において、顧客リストを重要なアイテムだときちんと認識して、作成・管理・活用している会社は、意外と少ないのではないでしょうか?
PAGE TOP