ちいき新聞の裏側公開!
サンキューレターで感謝の気持ちを伝えませんか?

 

 

どこの会社にも独自の社内制度やユニークな取組みがありますよね。

 

今回は地域新聞社がお客様とのコミュニケーションツールの1つとして、活用しているサンキューレターをご紹介します。

 

 

そもそもサンキューレターってなに??

サンキューレターとは、文字通り「感謝の気持ちを伝える手紙」のことです。

 

出会えたご縁を大切にしたいという思いから、お会いしたお客様に手書きのハガキをお送りしています。

 

感謝の気持ちを伝えることはもちろんですが、お客様にしっかりと「地域新聞社」を覚えてもらうきっかけや、次回訪問時の話のタネにもなりますので、多くの営業社員がサンキューレターを活用しています。

 

地域新聞社でのサンキューレター活用方法とは

実際の地域新聞社でのサンキューレター活用方法についてお話しします。

 

弊社では、サンキューレターのデザインにも力を入れており、季節に合わせたデザインや会社のマスコットキャラクター「ちいきくん」が登場するものなど、時期やお客様にあったデザインのものを活用しています。

 

306また、担当営業の似顔絵入りのデザインもあり、顔を覚えてもらうきっかけにもなっています。送り先のお客様は忙しい方が多いため、たくさん届く郵便物の中にせっかくのハガキが埋もれてしまう可能性があります…。そんな時、似顔絵入りのデザインだと「先日訪問してくれた〇○さんだ!」と思ってもらえ、送り先のお客様の目に留まりやすくなります。

 

 

その他にも、弊社営業の中には、自分でサンキューレターをデザインし、そこにメッセージを記入している人もいます。自分でデザインすることで、趣味や出身地に関するイラストなどを入れることができ、相手に自分をより知ってもらえます。

 

手紙の文章に思いを込めることはもちろんですが、ハガキそのものにもこだわりを持って、自分らしさを伝えるようにしています。

 

地域新聞社では、人と人を結ぶ大事なツールとして「サンキューレター」を活用しています。

 

お客様に気持ちが伝わるサンキューレターの書き方とは!

では、具体的にどのようなことに気を付けてサンキューレターを書けばよいのでしょうか?

気をつけるポイントを3つにまとめました。

 

① 営業感をあまり出しすぎない
あくまでもサンキューレターはお礼状です。

営業(商品案内等)を感じさせる文言はなるべく入れないようにしましょう。

 

② 特別感を演出する
あなたが手紙をもらった時、誰にでも使いまわせる文言ばかりが羅列された手紙と、自分だけのために書いてくれた手紙、どちらが嬉しいでしょうか?もちろん後者の手紙の方が嬉しいですよね?感謝の気持ちを伝えることはもちろんですが、会ったときに話した内容に触れるなど、「あなたに送る手紙」ということが伝わるように工夫しましょう。

 

③ できるだけ当日に投函する
できるだけお会いした、その日のうちに投函しましょう。届く日程が遅くなるほど、お客様に忘れられてしまう可能性も高まります。クイックレスポンスを意識しましょう。

 

まとめ

サンキューレターは人と人を結ぶ大切なコミュニケーションツールです。「あなただけに送る手紙」を意識した内容でなければ効果は半減します。会ったときに話した内容や最近身の回りでおきた出来事など、より特別感を与える内容にしてみると効果を発揮しやすいでしょう。

 

ただサンキューレターを送るのではなく、コミュニケーションツールということを意識して、大切なお客様に手紙を書いてみてはいかがですか?

 

続きを読む
続きを読む
セミナー開催情報
【飲食店経営者向け】資金と利益を増やす経営術について
日程:2017年4月19日(水)
時間:15時~17時
定員:15名
対面接客や電話応対、「果たして、これでいいのだろうか?」 スタッフの接客スキルに、なんとなく不安を感じていませんか? お客様の支持を得るには、一般的なマナーに加え「おもてなし力」が必要です。 お客様から「あの店のスタッフは、みんな感じがいい!」「つい、通いたくなってしまう!」と絶対的な信頼感を得られるワンランク上の接客スキルをお伝えします。
PAGE TOP